■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
木曽路(続き)
賑わいも世界の遺産妻籠宿

20061020063913.jpg妻籠宿でデッサンに没我。カナダの御一行様約17名が、山深い本陣宿のたたずまいを興味深げに見学中。
突然一人の老婦人がデッサン帳を覗き込み、怪しげな英語でしゃべりかけてきた。自分も水彩画をやっている、スケッチさせて欲しいと言っているらしい。
仕方無しに紙と鉛筆を渡すと、クマゴローの手元を覗き込みながら、怪しげな手つきでスケッチし始めた。
お世辞にも上手いとは言い難い。遂に途中でギブアップ。そして驚いたことに「お前のスケッチが好きだ。記念にそれをくれないか」・・・と。
困っていると、「サインをして売って欲しい」・・・おやおや、此処は木曽のサンジェルマン?と、耳を疑った。まあ、帰国後少しでも記念話になるのなら・・・・と思い直し、スケッチ途中を渋々引き破って無料進呈に及ぶ事になった。おまけに、ツーショットの写真まで撮られてしまった。
ビックリは勿論なれど、それにしてもよく妻籠宿辺りまでツアー日程を組んだものだ、と感心した次第であった。
(Oct.12)


スポンサーサイト
未分類 | 07:03:53 | Trackback(0) | Comments(4)
木曽路
(何やかやと忙しくて、ブログへのUPも遅れがち・・・クマゴロー)

秋雨に煙る木曽路の夜明け前

20061019084944.jpg「木曽路はすべて山の中である」で始まる島崎藤村の「夜明け前」。スケッチ旅行の第一夜は、ここ馬籠宿。朝から小雨がぱらつき、現地に着いた時にはかなり降り続く状態であった。
仕方無しに藤村の実家、馬籠本陣跡に建てられた記念館をゆっくりと見物。「未だあげ初めし前髪の・・・」で始まる若菜集「初恋」のおゆふさんの生家大黒屋(茶房)で、目玉の栗おこわを食べる。
雨が少し上がったところを見計らって、急ぎ鉛筆を走らせスケッチを終え、宿でモニターを見ながら着彩に及ぶことにした。若者の姿もちらほら見受けられたが、流石に観光客の姿は少なく、山深い中山道の急傾斜にある宿場は一層静けさを増していた。   (Oct.11)

20061019084944.jpg
翌日は妻籠に向けて出発。
途中旧中仙道をずたずたと切り裂いて、新中山道を馬籠峠に向かって進む。細く、薄暗い旧道を覗き見ながら、京と江戸を行き来した昔の旅人の難儀や、皇女和ノ宮の胸の内に思いを馳せる。


未分類 | 10:45:52 | Trackback(0) | Comments(6)
明日のパワー
秋晴れに紅白園児頼もしき

20061008232233.jpg今日は幼稚園の運動会。
クマゴロー爺も荷物持ち、写真係、その他雑用係に借り出された。台風一過の澄み切った青空の下での運動会は、気持ちの良いものだ。
20代前半の若い保母さん方と園児達の秋の祭典。盛り沢山のメニューを次々にこなして行く顔は、どれも嬉々として光輝いて見える。
「あの幼かったチビ助が、こんな風に鍛えられて行くのか」と、一種の感動さえ覚える。パパ、ママ達もほとんどが30代であろう。父兄参加の競技には皆真剣な顔で、泥まみれになって奮闘していた。
爺婆は窮屈なシルバー席で、ゆったりと観戦だ。三世代が集うお祭り、と言った感がある。
無邪気な園児達の溌剌とした歓声に、明日の日本を背負うパワーを見た、などと言うときざに聞こえるかも・・・・。
クマゴロー爺は立ちっぱなしで、いささかお疲れ気味だ。
(Oct.8)




未分類 | 23:33:16 | Trackback(0) | Comments(6)
正福寺地蔵堂(訂正)
先の記事に重大な訂正がありました。
正福寺を浄土真宗本願寺派と書きましたが、鎌倉幕府が建立し、円覚寺舎利殿と瓜二つの寺が浄土真宗であろうはずがありません。禅宗の寺に決まっています。
不明を恥じ、深くお詫びし訂正いたします。
お詫びのしるしに(と言っては僭越ですが)、今日描いた水彩画を出します。
20061002190219.jpg



未分類 | 18:50:55 | Trackback(0) | Comments(2)
正福寺地蔵堂のこと
国宝に人影まばらあきあかね

20061002012555.jpg(正福寺地蔵堂)
東村山市の北山公園すぐ近くに、正福寺と言う寺がある。浄土真宗本願寺派の寺で、境内には東京都では唯一の国宝の建造物、正福寺地蔵堂がある。正福寺は娘の家の間近にあり、孫と爺の良き散歩コースでもある。
未だ百日紅の花が残ってはいるものの、アキアカネが群れ飛ぶ人気の少ない初秋の境内に入った。地蔵堂は、何時もながらの落ち着きのある良い曲線を見せていた。
今日は孫に構わず、ポイントを探しながらシャッターを押しまくった。

20061002012555.jpg(円覚寺舎利殿)
東村山は鎌倉街道上道が通り、その先は勿論鎌倉。
円覚寺舎利殿と、この正福寺地蔵堂だけが関東の国宝建築物だそうで、双方とも瓜二つの姿をしているらしい。
(写真を見比べると、本当にそっくりさん!)



今朝、遂に桜が散った・・・・
いや、これはドラマの話。NHKの朝の連ドラ「純情きらり」のヒロイン桜子が、今日の最終回に死んでしまった。何も死なすことは無いと思うのだが・・・・なむ?
こう書くだけで十分「オバサン感覚」ではないか?
宮崎あおい、普通っぽい子であるが顔が良い。感情の変化を表現するのが実に上手いと、感心して見ていた。同級生で、結婚相手の俳優も最近にしては珍しく美男である。しょぼくれた目の「ヨン様」なんかよりは遥かに美男である。
ベテランの脇役達が、二人を目一杯引き立て、つい毎日見る羽目になってしまった。そして、今日で九月も終わる。
(Sep.30)

「言の葉スケッチ?」に昨年10月分をU/Lしました。
時間とお暇のある方は、覗いて頂けると幸いです。






未分類 | 22:59:33 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。