■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ルーブルの巨匠
ルーブルの真の巨匠に疲れ果て

大工ヨセフ(ジョルジュ・ド・ラ・トゥール)『国分寺の虚匠』クマゴローは約60点のルーブルの名画に、すっかりエネルギーを奪われてしまった。今上野の国立西洋美術館で開催中の「ルーブル美術館展」の事である。頭は冴えて朦朧とし(チョット変?)、目は血走り、足は棒のようになり、幾度会場途中にある椅子に座り込んだことか・・・。
相当昔のこと、パリのルーブル美術館に入った。その時は日程上時間も一日弱しかなく、まともに全部見るにはとても時間が足りなかった。そこでお目当ての物を探して広い館内を走り回った記憶がある。ミロのヴィーナス・サラモトケのニケ・ダヴィンチのモナリザ・ラファエロ・ルーベンス・ダヴィッド・レンプランド・・・確かに色々と観た。しかし今考えるとただただ世に名作とされるものを漁り回っただけのような気がする。
今回改めて選び抜かれた名画をじっくりと観察した。人物画が多い。その精緻さ、質感、動きのある眼差しや表情、五体の動き、大胆な光と影、布のヒダ・・・何分でも何十分でも観察していたいような気になる。
それに引き換え『国分寺虚匠』の作品の何と薄っぺらで死んだような色使いであることか!まるでお化け屋敷のよう。勿論ルネサンスの「巨匠」と比較しようなどと・・・そんな大それた事を考えているわけでは毛頭無い。が、それにしてもこれが人の手で描かれたものかと思わず長嘆息するばかり。
ただ、この手の物はやはり疲れる。大抵はギリシャ神話と聖書からの題材、それに男と女。見れば見るほど文化と言うか精神世界と言うか、日本とは全く異質のカルチャー世界の産物である。従って同じものでも西洋人と日本人では受け取る感性と吸収力は随分違うものであろう。ただ絵から受け取る精神世界は別物でも、絵画技術の素晴らしさは一様に感動と衝撃を与えるはずだ。
ルーブルの後に回った常設館の印象派(マネ・モネ・ゴッホ・ルノワール等)の作品を観た時には、正直なところホッとした。
(Apr.1)


スポンサーサイト
未分類 | 17:59:37 | Trackback(0) | Comments(2)
見つけたり!
春蘭の土筆にも似て土手和む

見つけた、見つけた!
山の雑木林の土手に、たおやかに細く長い葉を茂らせた一群れの房。半信半疑で目を凝らすと、少し大きい土筆坊の頭のようなものが2個3個見え隠れする。間違いなく春蘭だと確信した。
春蘭滑り落ちないように木の根を掴んで土手を少し下り一房引き抜く。ちゃんぽん玉のように絡みついた根が容易に腐葉土から持ち上がった。「ついにやったぞ!」と小躍りして待望の収穫物の精密検査を開始。蕾は意外と沢山あり、10個にも及ぶ立派なもので、年期の入ったブツである。
山は誰かの持ち物であろうが特別な保護種でもなく、花畑でも高山植物でもなくごく自然に生育している天然ブツである。どこからか飛来して生育したムスカリかおだまきを採取するような感覚で罪悪感は無い。これを採って商売するわけでもなく、大事に育てようというのであるからして、まあ許される行為と解釈しよう。クマゴロー、蘭については残念ながら全くの素人で何の薀蓄も持ってはいないが、これを契機に少し勉強でもするかと言う気になった。
春蘭は東洋ランで西洋ランのように派手な花ではない。中国春蘭、韓国春蘭、日本春蘭とあるようで、一口に春蘭と言っても花や葉っぱの違いで随分な種類があるようだ。今回の発見種が日本固有の種かどうかは不明である。日本の山奥で見つけたのであるから、日本春蘭であるに違いない。派手さは無いがいかにも自然で清楚な感じがして好みである。洋画より日本画のモチーフが似合う。
今回たまたま2房手に入ったがもうこれで十分。大事に育てていずれはモデルになって頂こう。
(Mar.31)


未分類 | 11:20:51 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。