■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
泣いて馬主を斬る?
キュウキュウと賽の河原を一路行く

キュウキュウは「鳩々」、賽の河原は「石川」、一路は「一郎」であることは論を待たない。自浄と言うことを知らず茨の道を歩く3人である。
昨年秋の政権交代直後はかなりの期待を持ったのは事実であった。族議員を育む政官財の癒着構造や、役人の天下り構造の中で税金を吸い尽くしてきた輩が、今度こそ慌てふためく姿を見られるかと楽しみでもあった。それだけにスタート当初の進軍ラッパは勇ましく聞こえた。溌剌とした与党政治家の顔が頼もしく新鮮に感じられたものだ。
新政権が発足したのが確か昨年9月18日の臨時国会であったと思う。「今ほど政治ニュースが面白いと思ったときは無い」と悠山日記に書いた記憶がある。新閣僚や政務官達の気負った発言や、ちぐはぐな説明にも何処と無く初々しく微笑ましい印象すら持ったものだ。あれからほぼ5ヶ月後の今日この頃、ニュースを見るたびに不愉快になるのはクマゴローだけであろうか?やっぱり政治家とはこんなものかとすっかり色あせた思いである。
鳩山さんもお坊ちゃま育ちの世間知らずと言われても致し方ないが、それはそれで変な言い訳はせずガバッと頭を下げて潔く国民に謝ればよかった。それを「選挙前から判っていたことであって、その上で国民に託された」などと、小ざかしくも鼻白む言い訳をするところでもう重みは無くなったといえる。先ずは石川を切り、危険はあろうが動脈瘤の小沢を切って甦生して初めて磐石な集団になるのではないか。「泣いて馬謖を斬る」いや「馬主を斬る」?。手術に失敗すれば死ぬことになるが、それこそ「国民の信」が命綱になるのではなかろうか。外部も内部もハラハラするほど思い切った変革のなたをふるって、少々の血を流した荒療治をしても国民の信は概ね揺るがないのではあるまいか。尤もそんなリスクを取る気概があればお坊ちゃま育ちなどとは言われないであろうが・・・。
今となっては時既に遅し。脛に傷を持つ身であってはとても出来ない相談であろう。夏の参院選挙に小沢の豪腕が・・・と言うが、「やってくれるワ!」と言われる政策を今ならやれるはずだし、やりさえすれば小沢抜きでも参院選は楽勝だと言う気がするのであるが、如何。一郎が居ようが居まいが勝つときは勝つ。これで5月末約束の普天間移転問題が決着しなければ(決着させる算段があるとはとても思えないが)危ないのではないか?とは言え自民党に盛り返す力があるようにも思えないが。
今のところどんな力がこの国の政治の牽引力になっているのかよく見えない。又じっと固唾を呑んで固まっている反小沢七人衆もやはり我が身が可愛いと見える。何だか皆さん貝になってしまったようだ。去年の溌剌とした気概は何処へ行ってしまったのか?一体この国はどうなるのかと暗い気持になってしまう。
今日はひたすらに「ぼやきのクマゴロー」であったわい!                   (Feb.8)


スポンサーサイト
未分類 | 00:23:17 | Trackback(0) | Comments(0)
可愛い友
シメ・イカル・シジュウ・ゴジュウにヤマ・コガラ

山の小鳥達八ヶ岳山麓。ここは小鳥達の天国だ。
特に多いのがカラ系、その中でもシジュウガラ、ヤマガラ、コガラが多い。カワラヒワ等ヒワ系もそれに劣らない。冬は木の実もほとんど無いため、ひまわりの種を置いておくと朝から大賑わいである。ヒワ、カラに混じってよく来るのがシメ。めったに顔を見せないゴジュウガラやイカルが来るとウオッチャーとしてはかなり興奮するものである。
じっくりと観察すると雄雌の区別が何となく判る。夫々の習性の違いも良く分かってくる。又鳴き声でも判別できる。
カラ系はさっとやってきて、餌をくわえては近くの安全な木に飛び移り、足で枝に押し付けこつこつと音を立てて実をついばむ。食べ終わると又すぐにやって来てその作業を続けるのである。何とも忙しい所作で、5?6羽も居ると見ていて可愛くはあるが実に気忙しい。腹が据わった奴はその場で種を突っつくのも出てくる。又彼らは人を余り恐れないのが特徴だ。特にヤマガラは人が近くに居ても平気で餌をついばみに来る。こいつは昔から「おみくじ引き」の芸を仕込んだ鳥である事を知った。人なつっこさと餌をくわえては飛び去る習性を利用したものであろう。
カワラヒワ
カワラヒワも集団でやってくる。彼らは少々臆病であるが、カラと違って餌場の近くに居座って食べるのである。カラやヒワよりふた回りも大きいのがシメ。こいつは実に用心深く、人の姿が見えると絶対に寄ってこない。餌の近くの小枝に停まってしばらく何食わぬ顔をして辺りを窺っているが、大丈夫と見れば餌場にじっくりと座り込んでもくもくと食べ続けるのである。ずんぐりとした口元に愛嬌があり実に可愛い。
珍しいものにゴジュウガラあり。習性は他のカラと同様であるが容姿と色が少々異なりお洒落なツートンカラーである。単独もしくはつがいで行動するようだ。貴重な映像をブレ無くキャッチ出来た時には思わずにんまりした。さらに嬉しいのはイカル。こいつはシメに似て嘴は橙色でずんぐり大きいが、シメよりも更に大きく実に用心深い。餌場でついばむ姿の写真がブレたのは返す返すも残念であった。
そのほかにもコゲラ、アカゲラなどキツツキ類も良く見かける鳥であるが、餌場には来ず木の幹を駆け回っているのでなかなかキャッチ出来ない。又何時かはカッコウやカケスも撮りたいと思うが、見かけたことはあっても撮影の機会に未だ恵まれない。
時として「にわかバードウオッチャー」に変じる気まぐれなクマゴロー。春になればまたまた大勢の小鳥たちに会えるのが楽しみである。 (Feb.1)


未分類 | 01:44:24 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。