■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
吾も亦紅なり
七草の端に加えよ吾も亦紅

20070824001118.jpgワレモコウ(バラ科、花は8?10月)、名は「割れ木瓜(もこう・ボケ)の意で、小さな花の蕾が紋所の「木瓜」に×印をつけたような感じになるからと言う。、吾木香・吾亦紅とも書くが、これは後の当て字と言う説を読んだ。
但し、クマゴローとしては
  吾も亦紅なりとひそやかに   高浜 虚子
の句にあるように、吾亦紅の方が好きである。
最近は自然の吾亦紅を見ることが少なくなった。それだけに、秋の野山を歩いていてこの花を見つけたときの嬉しさには格別なものがある。
か細い茎の先に、くすんだ茶色に近い赤みがかった花を付け、葉っぱの印象は薄い。地味で決して美しい花には見えない。道行く人でこの花を知らない人は、恐らく目に止めることは無いであろう。それだけに「吾も亦紅なり」と訴えるその名が、一層愛おしく感じられるのである。小さな花の寄せ集まりで、よく観察するとその花の色は思いもかけず鮮やかな紅色であることに気付く。「吾の紅色を見てくれ!」と必死に訴えているようだ。この名を付けた繊細な感性に驚く。
20070824001141.jpg萩・尾花・葛・撫子・女郎花・藤袴・桔梗は秋の七草と呼ばれるが、クマゴローとしてはこの吾亦紅を是非その一端に加えて欲しいと思う。赤系の花は萩・葛・撫子であり、吾が入る余地は無いと言うことか。ならば「春の七草・秋の八草」でも良いではないか。控えめでは有るが、これ程秋を感じさせるに相応しい花は無いと思うのだが。
トルコ桔梗と共に描いた吾亦紅。出来栄えは兎も角として最後に吾亦紅を描き込んだ途端、主役が映えた。
正に光を演出する影の存在であった。 (Aug.23)

スポンサーサイト


未分類 | 00:29:29 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
陰があるから陽があるんですね。
活け花も「真、添え、控え」があるから成り立つと思います。
「真」だけではお花は活けられません。
2007-08-24 金 07:27:49 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
クマゴローの世界には活花は有りませんので
「真、添え、控え」と言う言葉は初めて知りました。
一番高いの、中間の、そして低いのと言う基本型がそれなのでしょうね。
日本の文化には哲学がありますねえ。
一つ利口になりました。
2007-08-24 金 12:00:26 | URL | クマゴロー [編集]
目黒の自然教育園に行くと
そろそろ見ることが出来そうです。
2007-08-26 日 15:59:09 | URL | 気ままなおじさん [編集]
気ままなおじさん
観賞用の物は園芸店にも売っていますが、天然物とは
少し花の色が違うようです。
自然の中に天然の野草として咲いているものが貴重なんですよ。
2007-08-26 日 19:12:54 | URL | クマゴロー [編集]
蓼科で吾亦紅を発見したときは嬉しい気分でした。
高原は既に秋の気配だったのですね。

正に光を演出する影の存在の花とは素敵な花ですね♪
2007-08-28 火 14:48:06 | URL | メロン  [編集]
メロンさん
じつは清里高原サンメドウズで圧倒されるような
吾亦紅の群生を発見しました。
影どころではなく、全くの主役でしたよ。
2007-08-29 水 23:09:03 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。