■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
巨大な綿飴
綿飴の如く山霧湧き立ちぬ 

20070906101051.jpg深山将重畳(しんざんまさにちょうじょうす)
眺望奥多摩(おくたまをちょうぼうするに)
雲何処湧出(くもいずこよりかわきいづ)
恰見如墨絵(あたかもすみえをみるがごとし)

一見漢詩風にして さにあらず。漢詩のルールなどには全く無知なクマゴロー。唯単に漢字を羅列したのみ。漢字は良い。並べただけで、何を言いたいのか大よそ分かりそうな気がするから・・・。筆談には最適な表意文字である。
今日は土砂降りの中、青梅街道を奥多摩湖まで一っ走りした。下界は激しい雨であったが、此処は雲の上。小河内ダム堤防からの景色は、全くの自然林の山々が幾重にも連なり、観る者を圧倒する。その雄大さに浸っていると、ふと気がついた。深く重なり合った森林の此処かしこから黙々と霧が湧き出で、合流し、雲になって立ち昇るではないか!
何かに似ている、遠い昔の記憶にある何かに・・・。そうだ!綿飴(綿菓子)だ。割箸であの霧をクルクルとすくって集めると、巨大な綿飴ができる! 子グマの頃、縁日になると屋台の綿飴を一番に買った思い出がある。フワッとした綿を舐めながら、何時までも飽きずに霧が雲になるのを眺めたものだ。ほんの少しのザラメが綿になる・・・子供心に不思議だった。
奥多摩の山々は巨大な綿飴製造機。絵心よりも食い気が先行した今日一日であった。    (Sep.5)

(注)合成写真の修正にあたりましては、hanakoさんの多大なるご助力を頂きました事を付記し、心より感謝申し上げます。


スポンサーサイト


未分類 | 00:56:50 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
孫悟空になった気分ではないですか?
綿飴!懐かしいですね。
2007-09-06 木 09:52:50 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
お陰さまで素晴らしい写真になりました。
hanakoさんの合成修正技術のお陰で、携帯で撮った割には
良い出来栄えと、自画自賛しています。
巨大な綿飴で、お腹一杯になりました。
2007-09-06 木 10:25:51 | URL | クマゴロー [編集]
え?
どこを合成したのですか?
2007-09-09 日 16:36:50 | URL | 気ままなおじさん [編集]
おじさん
2枚の写真を並べてくっつけただけです。
やはりつなぎ目に露出の違いが出て、
明らかに段差が付いていたのですが、
Dr.hanakoの手にかかると繋ぎ目がわからなくなりました。
本当にGodhandですねえ!
2007-09-12 水 20:33:22 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。