■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
来者如帰
もてなしの心で人は帰り来る

「来者如帰(らいしゃにょき)」来る者帰るが如し。「おもてなしの心」。この二つの言葉が対となり、全編を流れるテーマとなっていた。
9月29日に終了したNHK朝の連続ドラマ「どんど晴れ」の話である。最初は何気なく見ていたが、その内、毎日見るようになった。テレビが無い場所に行くときには、ワンセグ携帯で見る。まさに「おばさん病」に罹ったようだ。
結構楽しめる娯楽的番組であったと思うが、個人的感覚で言えば、主役の若い比嘉何某と言う女優が良かった。最近稀に見る爽やかな美人であったが、何時もの如く主役を支える脇役にベテランを多数揃えたところNHKらしい。草笛光子、宮本信子、あき竹城、長門裕之、東幹久、雛形あきこ、夏八木薫、森昌子・・・その他大勢、キラ星の如し。
「来者如帰」を支えるものは「おもてなしの心」。良い言葉である。加賀美屋旅館であるが故「おもてなしの心」となるが、それ即ち思いやりの心、優しい心である。個人であれ、グループであれ、店であれ、地域であれ、パソコン上であれ、この心があれば昨日の如く人は帰ってくるものと言う訳だ。その逆にしょっちゅう会っていても、この心の裏打ちが無ければ何時でも簡単に離れる。「一期一会」と合い通じるものがある。以って瞑すべし。

翌30日の朝刊にこんな折込が入っていた。
「国分寺の名所お鷹の道で『おもてなし屋台』始まりました・涼しい散歩道に休憩スポット登場」。
お鷹の道 真姿の池と武蔵国分寺の間に休憩スポットとして、7月より「おもてなし事業」を始めたとの事。1、国分寺のオリジナル名産品・おみやげ売場。1、国分寺の野菜の美味しさを提案するヘルシーなスパイスカレー屋台、コーヒーもある。1、自然の中の休憩場所。提供は東京経済大学・国分寺地域連携推進協議会。
こんな形で一期一会を実感するのも又良いものかも知れぬ。「おもてなしの心」は今年の流行語大賞になるかもしれない予感がする。
(Sep.30)
スポンサーサイト


未分類 | 22:46:47 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
「おもてなしの心」・・大切ですね。
今の世の中、本当に人をもてなすってことがあるんでしょうか。

殺伐として、自分勝手で、人を思いやる気持ちがないように思います。
大人がそうだから、子供にもそれは引き継がれることはないのでは・・。
ものではなく、心で人と接することは大切だと思いますが。

そう言う私も、お客さまが見えるときは嬉しいよりも、面倒という気持ちが
勝ることがありますね、反省しなくてはいけません。
2007-10-02 火 05:19:39 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
言うは易し行うは難し、本当にこの言葉の通りですねえ。
「もう一度行きたい」と思うのは、食事・物・景色・建物・・・等
の印象もさることながら、又あそこの心に触れたいと言う
思いが根底にあるのでしょう。
その心を持って接するのは、私にとっては永遠の課題です。

2007-10-02 火 08:54:06 | URL | クマゴロー [編集]
来者如帰
悠山さん 
お元気そうでなによりです。 
”どんど晴れ”は楽しく見れたドラマでしたね。主役の比嘉 愛未は成長が楽しみな女優です。
私は閑人ですから、毎朝ゴンやメグ(愛犬)の散歩を済ませてから見るのが日課になっていました。
今週から始まった、”ちりとてちん”は、我が故郷(福井/小浜)、ドラマの背景の景色は懐かしいものばかりです。
2007-10-06 土 22:39:21 | URL | 極楽天 [編集]
極楽天さん
コメントに気がつくのが遅く、誠に失礼致しました!
お久しぶりのコミュニケーション、嬉しい限りですv-285
“ちりとてちん”は時たましか見ていませんが、小浜ですねえ。
極楽天さんはここの出身地だったなあ、と思いながら見ていますよ。
良いところですねえv-518
2007-10-17 水 07:24:39 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。