FC2ブログ
 
■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
美しき哉
人情と自然織り成す山中の村

20071024235237.jpg毎年5月と10月は恒例の山中湖テニス合宿。
旧IBM六本木事業所のテニスクラブ、今やメンバー全員が退職者となり、夫々の道を闊歩中。現在の会員はレガシーメンバーに加え、テクノスジャパン社テニスクラブ他4グループが参加、20?30名の大世帯となった。その名も「ユートピアテニスメイト」と改名し、毎年2回の合宿を実施している。
先日20?21日はすこぶる快晴、九合目辺りから薄化粧の富士を見ながらのテニス三昧。爽やかな汗をかいた後は大いに飲み、しゃべり、歌い・・・若くは二十歳代、老いては(?)七十代が集う・・・これほど健康的なことは無い。
今回は特別参加者が華を添え一層賑わった。元IBMの同期の桜、長谷川弘義氏がその人。氏は四十前半にしてIBMを退職し、ソフト開発会社を起業して成功したつわものである。クマゴローはバブルも終わり、五十を過ぎて初めて同様の発想が出来たが、その前に決断することなど考えもしなかった。勇気のいることであり、自信がなくては出来ないことだ。まことに賞賛に値する。
氏はテニスはせず夜のみの参加だったが、当然IBM・OBの何人かとも面識があり、話が盛り上がったことは言うまでも無い。
氏は一年前から山中湖村に在住し、当地の自然と人情を愛し、守り、その姿を広く世に知らしめるべく日夜努力中と言う。一方1500坪の農業をしながら自然との生活を楽しんでいるそうだ。誠に以って羨ましい限りである。氏の好意で幾つかの施設を案内してもらった。「山中湖交流プラザ」「山中湖シアター」「山中湖文学の森公園」「ドッグと泊まるホテル」等。地元民ならではの実のある説明で、当地が如何に豊かな自然と人間性に溢れた地区であるかが良くわかった。驚いたことに、行く先々でほとんど顔パス同然の挨拶を交わしていたことだ。僅か一年の住人とはとても思えない。氏の人間性を思い知った次第であった。  (Oct.22)

スポンサーサイト


未分類 | 00:07:18 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
山中湖文学の森の散歩道は私のお気に入りの場所です。
何時も此処を散策してから、道志の山道を抜けて帰路につきます。
山中湖はもうこんな紅葉なんですね。
行かねば・・・
2007-10-25 木 21:58:06 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
山中湖文学の森にある陶芸小屋は無料で施設を
使えるそうです、粘土代500円を払いさえすれば。
陶芸趣味の長谷川婦人はこれもまた気に入っているそうですが、
山中湖村と言うのは珍しく財政豊かな村だそうですよ。
尚、今の時点では紅葉は今一早いですね。
2007-10-25 木 22:46:40 | URL | 誰だ? [編集]
私も行っていましたよ!
お久しぶりです、お元気ですね!

私もちょうどこの時、河口湖と山中湖に行っておりました。

アップをしていますのでURLを覗いてみてください。

素晴しいお天気でした。

富士山で人生の免疫力をチャージしてきました。

2007-11-12 月 08:03:19 | URL | 青い空白い雲 [編集]
何という事!
全く同じ日に長崎からの御仁が河口湖までお出でとは・・・。
会いたかったなあ。v-10
善い旅をされましたねえ。88歳のお母様は幸せ者です。
こんな素晴らしいホテルにはついぞ泊まった事がありません。
我々はいつものテニス合宿所で雑魚寝ですよ。何と言う違い!
尤も一泊4食、飲み放題、テニスコートは4面使い放題で締めて1万円
ですから・・・仕方ないよね。
2007-11-13 火 12:14:23 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。