■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
い・の・ち
果てしなき宇宙にいのちの星ありき

20071025235226.jpg独立法人宇宙航空研究開発機構、略してJAXA。
ジャクサと呼ぶが、所によってはジャクシャともなりヤクザとも間違えられるそうな。宇宙を飛ぶ技術の開発と実際の宇宙探査を行う組織で、日本で打上げるロケットや探査衛星の全てを開発している。最も最近の仕事は、月到着間近な「かぐや」の打ち上げ。積み込んだNHKのハイビジョンが捉えた「上弦の地球」は限りなく美しい。

20071025235351.jpgSNT(シニアネット東京)の勉強会プログラムで企画され、相模原にあるJAXAの宇宙科学研究本部を訪問する機会に恵まれた。半日たっぷりと、宇宙開発の話と組立実験現場の見学で過ごしたが、いつもは新聞紙上でしか触れる事の無い世界に迷い込み、クマゴローもかなりのインパクトを受けた。
プレゼンは糸川英夫設立になる東大工学部航空学科宇宙工学コースの第一期生、的川泰宣氏。日本が打上げた第一号衛星「おおすみ」(1970)以来31番目の「かぐや」まで、その全てに関わった有名な方である。
我が地球船がある銀河系には一千億もの星がある。更に同じような銀河系が宇宙には一千億あると言う。その掛算が全ての星の数・・・尋常な神経では到底理解できない。
人は何故宇宙に行きたがるのか?その動機は「行きたい」と言う冒険心、「知りたい」と言う好奇心、行く道具を「作りたい」と言う匠の心である。それを支えるのは「いのちの大切さ」を感じる心である、と的川氏は力説する。ちりのような地球にも無数の生命がある。科学衛星の最終的な使命は、この地球の命を守ることと見つけた。
月の目標地点に到着するには、日本とブラジル間を飛ぶ一匹の蚊を撃ち落す正確性が必要だそうだ。2010年に打ち上げ予定のロケット先端部分をテスト準備中、現場を間近に見て説明を受け感銘したが、何気なく打合せ、パソコンに向かう研究者達の頭脳と努力に賞賛を禁じえなかった。 (Oct.24)
スポンサーサイト


未分類 | 00:21:28 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
行きたかったです!とっても残念です。
2007-10-26 金 00:42:38 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
残念でしたね。
普段はなかなか行けないところなので
良い機会に恵まれました。
2007-10-26 金 10:22:43 | URL | クマゴロー [編集]
今回の見学会に関しては8月頃からJAXAのスタッフの方と
打ち合わせをしてきたのですが、見学日直前に都合で行かれ
なくなって大変残念でした。 
でも、参加された皆さんに喜んでもらえて良かったと思います。
2007-10-27 土 09:07:54 | URL | 気ままなおじさん [編集]
気ままなおじさん
折角長い間かかってsetupしてきたのに本当に残念でしたね。
お陰さまで良い経験をさせていただきました。
どうも有難うございました。
2007-10-27 土 15:47:27 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。