■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
原風景の虚構
象山の壕に続くや里の秋

松代象山地下壕、万里の長城とまでは行かぬが壮大な(?)歴史的虚構である。
松代は川中島古戦場の要害の地。信玄が謙信越後勢の牽制のためこの地に拠点となる海津城を建て、高坂弾正を配した。後の松代城である。この地の底が太平洋戦争末期には大日本帝国の幻の政府拠点となるのであるから、不思議な巡り合わせと言う他はない。

20071116133650.jpg幕末の志士のカリスマ的存在、佐久間象山を祭る象山神社から10分足らず歩くと、象山の麓にその狭い坑道の入口が有った。トンネルの全長は約10km、此処に大本営と政府各省を移設するべく碁盤の目のように整然と掘り進められたが、終戦まで僅か9ヶ月の工期では到底完成には至らなかった。当時で2億円の巨費を費やし、延べ三百万人の地元民・朝鮮人が強制労働させられた。およそ馬鹿げた妄想と暴走の虚構である。その一端を残そうと、約500メートルほどの見学コースが作られており、残りは蝙蝠の棲みかである。未完成の壕内を歩くと心まで薄ら寒くなってきた。
今の松代は落ち着いた静かな田舎町であった。町中が真田一色、徳川時代は真田氏の領地であったから当然ではあろうが、小懸郡上田からこの辺りにかけての真田人気には凄いものがある。何処に行っても何を見ても六文銭が目に付く。上州沼田も又然り。日本中探してもこんなに人気のある領主は少ないような気がする。人を引き付ける何かがあるのであろう。
狂気の帝国軍部指導者により、この地が徹底的に破壊されなかったことを喜ぶばかりである。
象山壕に続く道すがらは日本の原風景、長閑な秋の気配に満たされていた。        (Nov.7)

スポンサーサイト


未分類 | 13:48:52 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
クマゴローさんは、いろんなところに行くのですね。
行動範囲が広いのには感心します。
そして文章の素晴らしさ!
いつも勉強になります、ありがとう。
2007-11-16 金 21:26:00 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
コメント有難うございます。
いつも何処かに目星をつけてうろつくようにしています。
そうして何か新しい発見が有ると、感動します。
それを自分の軌跡にしたいと文や絵や写真で表現するのですが、
絶えずネタ切れかなあと言う気分にもなるのですよ。
2007-11-16 金 21:41:15 | URL | クマゴロー [編集]
気ままなおじさんもクマゴローさんと
同じ様なをことを考えますね。
あの会社で培われた処世術なのでしょうか?
処世術と言うより発想法なのでしょうね。

他人から指示されたり、真似たりするより
何か自分で新しいことや、人と違ったことを
考えて自分の生き方を考えていく、、、、、
、、、なんて言うとチョッとおこがましいですが。。。


2007-11-17 土 19:35:51 | URL | 気ままなおじさん [編集]
気ままなおじさん
やっぱりそうですか。
マーケテイィング人間の習い性ですかねえ。
ただ、オールラウンドのようで何が出来るかと言えば、
これと言った特技は無い・・・おっと、これはクマゴロー
だけの問題でしょう。
2007-11-17 土 23:46:36 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。