FC2ブログ
 
■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
里の春
山里に未だ立ちそめぬ春の風

此処はなだらかな火山の裾野の開拓地。広大な耕地が整然とした区画割を見せている。八ヶ岳連山を一望できるこの地は、以前から山岳風景画のポイントと目星をつけていたところである。一昨年の晩秋にこの風景に出会い、冬支度の山里を描いたことがあったが、余り満足の行く出来ではなかった。
雪の里山(額)何時かは雪に挑戦したいものと思っていたが今年はチャンス。さぞ見事に違いないと車を走らせた。想像に違わず思わず声を上げたくなるような雪景色であった。
長野県諏訪郡原村。八ヶ岳山麓の西南に位置し、茅野市と富士見町に隣接する東西に長い開拓村である。振り向けば南アルプス、甲斐駒ケ岳や北岳が望め、東には富士山が聳える何とも雄大な景色である。これだけ多くの名山を日夜目にしながら農業が出来るとは・・・何とも贅沢な村に思えるが、それは外野的発言であって、やはり冬の自然条件は厳しそうだ。
とは言え此処が古代から人の心を捉えて離さない証拠に、多くの縄文遺跡がある。臥竜遺跡、阿久遺跡などの出土品からは華やかな縄文文化が匂って来る。村立八ヶ岳美術館には多くの土器や狩の道具や生活用品が展示されており、その形と文様は美しく、今でも十分通用するデザイン感覚に思わず目を見張った。冬の竪穴式住居はさぞかし寒かったであろうと数千年昔の縄文人の生活を思いやったが、この自然には替えがたかったものと思われる。
このところ山梨、長野方面に四季の自然と風景を求めて車を走らせることが多いが、訪ねる度に良いところだと実感している。 (Feb.11)
スポンサーサイト


未分類 | 20:50:58 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
お見事な冬景色です。(絵もエッセイも)
いつもながら、ただただ感心するのみです。
同じ人間に生まれたのに、芸術的才能もセンスも全くない私には
「神様は不公平だ」としか思えません。

長野は広いせいかも知れませんが、行きたい所、感動する所が
いっぱいありますね。

2008-02-12 火 07:17:30 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
コメント有難うございます。
蓼科から原村のペンション村に抜ける途中の景色ですが、それは素晴らしい眺めです。
絵は「始めたばかりです」とは言えない時間が経ちましたが、集中度不足のいせいか上達が遅い。以前のものを開いてみると「よくこんなものを・・・」と赤面する絵が一杯有りますねえv-388センスの限度があるのでしょう。
それは兎も角として、hanakoさんの持つ素晴らしさは誰もかないませんよv-278
2008-02-12 火 09:12:52 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。