■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高幡不動尊
山門の松と桜と不動尊

高幡不動五重塔未だ満開の桜をあしらった景色を描かんとて、平川先生と門下生約10名のメンバーでスケッチに出かけた。
所は日野市、国宝高幡不動尊金剛寺。真言宗別格本山、行基菩薩の開基との伝えがある。そう言えば先日お通夜で訪れた山口観音の本尊千手観音も行基作と伝えられていた。行基は7世紀後半天智天皇の御世に、畿内を中心に貧民救済や開墾、治水、架橋などの社会事業に活動した僧であるが、ここ関東でも是ほどまでに頻繁に名前が出てくるとは、かなり伝説的人物であったに違いない。
それは兎も角、先ず最初は入口の山門。深みと厚みと重みが何とも良い。これは絵になる。山門をくぐると嫌でも目に入るのが五重塔。何といってもこの寺のシンボル的建物だ。最上階から下への広がりは他の五重塔より大きいのではないかと言う感じがする。いかにもどっしりとしており安定感がある。先生は「五重塔が描ければ何でも描ける」と言う。それ程難しいものらしい。何事も経験しなければ・・・と是をターゲットにすることに決めた。この寺を描く人は誰もが一度は経験するであろうポイント、山門の近くに座り込んだ。此処からはこの寺を菩提寺とする新撰組土方歳三の銅像もしっかり視野に入る。
描き始めて改めて認識したが、いや実に難しい。
聞きしに勝る難しさだ。必死に3時間取っ組んだ結果は惨憺たる有様で、後の講評では散々な評価であった。後味悪し。撮った写真を参考に、帰って家で描き直し、けじめをつけることにした。大した出来ではないが兎も角塔は建った。
(Apr.6)
スポンサーサイト


未分類 | 01:55:58 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
クマゴローさん
まさに絵葉書(絵写真ではありません)の世界ですね。
どのくらいの大きさの用紙に描かれているのか分りませんが
なんとも塔と人物の配置が絶妙ですね。
こんな絵が描けたら楽しいでしょうね。。。
2008-04-20 日 21:25:21 | URL | 気ままなおじさん [編集]
気ままなおじさん
コメント有難うございます。
用紙サイズはP10号です。(概ねB3程度)
実は先生からは人物が良くないと言う指摘を受けました。
みかん売りのお兄さんは兎も角、杖を持った後期高齢者
が手前過ぎるとのこと。
点描と言うのは絵の主体に邪魔になってはいけないと
言うことでしょう。   難しいものです。
2008-04-21 月 00:51:01 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。