■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ああ、無情!
アフガンの砂に埋もれし氣と心

NGO(非政府組織)「ペシャワール会」ボランティアの伊藤和也さん(31)が28日殺害遺体で発見された。福田首相の言葉通り。「強い憤りを覚えます。断じて許されるものではありません」。
平和ボケしているクマゴローの頭では、正直この問題の経過や環境は良く分からない。情報はマスコミの報道の域を出ないし、本気にボランティア達の気持になったことが無いので、実感として理解できない部分が多い。ただ、アフガン現地で活動されている「ペシャワール会」の代表的存在である中村哲氏については、以前からその活動は知っていたし多少身近に感じてはいる。
クマゴローの生まれ故郷北九州は若松。小倉が無法松こと「富島松五郎」であれば、若松は花と竜の「玉井金五郎」であろう。違うのは前者が岩下俊作の小説であるのに対し、後者は「花と竜」の主人公で実在の人物、作家火野葦平の実父。港湾荷役「玉井組」の親分である。葦平は長男、その妹が中村家に嫁しその息子が実は中村哲である。金五郎の孫、葦平の甥と言う事になる。
「花と竜」に描かれた金五郎親分の気迫、無鉄砲さ、アホさ、頭の良さ、親分肌、任侠、心の優しさ等々は中村哲氏に一番受け継がれているような気がする。九大医学部卒の医師でペシャワールではらい病患者を看、井戸掘り技術者としても有名である。
前置きが長くなったが、中村哲氏の活動を通してアフガンには多少の興味はあった。ただ伊藤和也さんを含め「何故アフガン?」と言うのが本当には理解できていない。宣教師活動でない事は確かであるが、彼らの心をここまで突き動かすものは一体何であるか?不遇な人々のために、何かの助けになることが自分の生きている意味であるとの信念を持つ至り、たまたまアフガンの情勢に強く共鳴したと言うことなのであろうか。
40数カ国の多国籍軍が駐留する中、自国の軍隊に守られていないのは日本のボランティア達だけだと言う。如何にNGOとは言え無用心過ぎないか。
冒頭の福田首相のご挨拶のような他人行儀な言葉ではなく、一国の首相としてもっと国の責任と方向性を感じさせる「有難い」発言はないものか。
(Aug.30)
スポンサーサイト


未分類 | 01:28:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。