FC2ブログ
 
■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
巨匠と虚匠
欅赤らみ上野は今や芸術の森

ワイングラスを持つ娘上野の東京都美術館で「フェルメール展」を観た。これ程計算し尽くされた完璧な構図と光と影の表現を見た事がない。「デルフトの巨匠たち」と銘打たれた同時代のオランダ・デルフトの画家達の絵と合わせて全部で40点の展示であったが、フェルメールの前にはやはり影が薄く感じられる。
東京と言うところは何だか怪物のような街である。一年中何十箇所もで何かを催している。絵画だけでなく、書・彫刻・演劇・音楽・公演・・・等どんな趣味にも膨大な受け皿が存在する。それらを享受する気になれば有り余るほどの恩恵を蒙ることが出来る街なのである。クマゴロー、普段はもっぱら銀座近辺の画廊の個展やグループ展巡り、もしくは上野・六本木の展覧会に行くことが多い。洋物を観ることは少なく昨年のモネ展以来であるが、こう言う天才画家の逸物はやはり感動を覚えるものである。

話は変わって、世界は今金融恐慌の最中にあり、格差社会と言われるように生活に苦しむ人たちは確かに多い。世間には「年金を使って趣味や遊びばかりに呆けるでない。何か社会に貢献しなければそれは単なる穀つぶし」と苦々しく言う輩が居る。本当にそうか?クマゴローは決してそうは思わない。それはその人の人生観あるいは生甲斐であって、他人にそれを言うのは傲慢と言うものだと思っている。自分に何が出来るのかと考えない訳でもないが、何かやった気分になってもそれはただの偽善に過ぎないかもしれない。
皆夫々の運命に従って真剣に生きているのだ。
そもそも「生甲斐」とは何か?猪谷六合雄(千春の父)は著「雪に生きた八十年」の中でこう言っている。「人間が生甲斐を感じるのは、興味、意欲、張り合いといったような心の動きの、ある程度大きい時だと思う。生甲斐とは何でもいいから次から次へと、やってみたいことが、続いていくことではないだろうか」と。又、精神医学・心療内科の権威金子満雄著「親がボケれば子もボケる」にこうある。「感性とは心豊かに人生を楽しめる能力」「趣味とは余暇の遊びではなく、生き甲斐そのもの」「生き甲斐は苦労して各自が作り出すもの」等々名言が多い。全く同感であり、彼ら先輩は心を強くしてくれる先達である。
健康で周りの人たちに対し何かしらの刺激的存在であること、これが大事な事だと認識している。これからも大いに趣味と遊びに呆けたいものである。

不忍池「フェルメールとデルフトの巨匠達展」で棒の様になった足を引きずりながら、上野の森を抜け不忍池にぶらりと出た。池のほとりのベンチに腰をおろし秋の夕風に当たりながら、ポケットから葉書大のスケッチブックを取り出し、簡単なスケッチをして気を休める。頭ごなしに覗き込む幾つかの気配をものともせず、自分の世界に集中する。我は「国分寺の虚匠」なり。
今日も楽しい一日であったわい。 (Oct.29)
スポンサーサイト


未分類 | 23:49:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
芸術の森を楽しんでいるクマゴローさんの姿が目に浮かびます。
不忍池のスケッチは流石「国分寺の虚匠」ですね。

「生甲斐」は仰るとおり、個々の考えだと思います。
世の中に、社会に貢献することが、何よりの喜びの方はそれが生甲斐になるのでは?

ヨソサマに迷惑をかけてまで、自分の楽しみを突き進んで行くのは宜しくないことですが、
一生懸命働いて来て、時間にゆとりが出来た今は、好きなように生きても良いと思います。

今日一日の終わりに「うん!」とうなずきながら、夜お布団にもぐり込むのが私は好きです。
ただし、これが生甲斐と言えるかどうかは少々疑問ですが・・・。
2008-10-30 木 21:43:39 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
コメント有難うございました。
人生一度しかありませんからねえ。
自分に悔いのないように生きたいものです。
ただこれは他人に迷惑をかけても・・・と言う訳では
ありませんね。それは多分悔いを残すことに
なるでしょうから・・・。
2008-11-04 火 23:59:47 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。