■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
神のご供物
いにしえは神の食事の穫れどころ

ところは千代田区神田須田町。
23日勤労感謝の日、水彩画仲間たちと街角スケッチに出かけた。晩秋の比較的暖かい日中であったが、油断は出来ない。こう言う作業で一番重宝なのはテニスウエアである。
JR神田駅北口を出て靖国通り方面に向かう。途中幾つかのポイントはあったが、記憶の片隅に残したまま靖国通りの陸橋を渡り須田町一丁目にある「六文そば」へと向かう。ここが今日のお目当てのポイントなのだ。祭日で街は閑散としておりスケッチにはもってこいの環境のはずだったが、肝心のそば屋の5差路交差点では工事の真っ最中。何が勤労感謝だ!しばらくして幸いにも工事用トラックが移動してくれたので、そこに座り込んで描くことにした。街角スケッチは行きたいと思いながらもつい億劫になり、かなり以前に青梅の市街地に行ったきりで、それ以来2度目である。

同行のベテランさんは昼過ぎにはさっさと2枚を仕上げてしまった。2枚とも見事な出来栄え。
神田須田町こちとらと言えば自分の腕の無さにぶつぶつ不満をつぶやきながら、不完全なまま店仕舞い。「雰囲気は出てるよ」と言う慰めの言葉に気を取り直して、後は皆で上野の森へ。そして今日の仕事はこれで終了。
「神田(しんでん、かんだ)」の名は八世紀律令時代から有ったようで、読んで字の如く神社の持ち物だったらしい。ここの神はやはり神田明神か・・・。神戸(こうべ、かんべ、かべ)と同様全国あちこちにあるそうだ。田舎の神に供するのに「そば」は合っている。電柱に「甘味処竹むら」の案内がある。遠くには「牛めし」の看板も見える。神は牛は食わなかったと思うが・・・。
やはり神田は食の街。
この辺りは谷中と同様大空襲の被害に遭わなかった数少ない場所のひとつだ。ビルの谷間の古い木造がかつての雰囲気を残していて嬉しい。 (Nov.23)
スポンサーサイト


未分類 | 11:53:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。