■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
米料亭八代目儀兵衛
ぶらり旅こだわり拾う古都の秋

母を見舞いに帰省したついでにぶらりと京都に遊んだ。
レンタカーを手配し、先ずは弥勒菩薩のご尊顔を拝しに太秦広隆寺へ。国宝仏像第一号である。世にある仏像の中でどれが好きかと問われれば迷わず広隆寺弥勒菩薩と答えるであろう。仏世界のモナリザと言えば失礼かも知れないが、これほど慈愛に満ちたお顔の仏様は知らぬ。
続いて常寂光寺、祇王寺、落柿舎など嵯峨野一帯の紅葉を散策し東山の宿へ車を走らせる。人と車の多さと都人のエチケット知らずの運転にいささかイラつき、更に宿が見つからず、頭にきて知恩院横の駐車場に車をぶち込んだ。暗くなり腹も減ったので先ずは飯にすることに。ここは祇園だ、何か京都らしい食い物はあるだろう。但し、おばんざいはゴメン蒙る。
pa040800.jpg
雑踏の中八坂神社向いの角をぶらついていると、ウインドウ内に10基余りの土鍋から湯気が立っている奇妙な店に気がついた。何だろうと立ち止まってガラス越しに覗いていると、若い女性が近づきパンフ片手にしきりに話しかけてくる。どうやら店の宣伝をしているらしい。「美味しいお米・・お米マイスター・・お釜をリザーブ・・」何だかさっぱり要領を得ないが兎に角入ってみることに相成った。中は真新しいカウンターに若い男前の板前と店員数名の活気溢れる雰囲気だ。これが10月4日にオープンしたばかりの「米料亭八代目儀兵衛」である。(http://www.hachidaime.co.jp/)
板前の店長が早速店の説明を始める。「最高のお米をブレンド」「お米本来の甘さを出し、最高の銀シャリを」「仕入れは5つ星お米マイスターの兄が社長をしている米問屋八代目儀兵衛から」「水は・・・」「味噌は日本一美味しい△△の白味噌」「器は・・・意匠は・・・」云々。まあそのこだわりは一通りではない。但し聞いていて少しの嫌味や煩わしさを感じないのは、このきびきびした笑顔の綺麗な店長の人柄か。何品かを注文し、ちびちびやりながら米の炊きあがるのを待つこと約20?30分。その間他の客も会話に参加して賑やかに。驚いた事に「最初は湯布院で板前修行しました」と言う。4年程昔、NHK朝の連ドラ「風のハルカ」の舞台になった「湯の岳庵・亀の井別荘」で修行し、更に京都の某高級料亭で技を磨いたとの事。「当時の仲間からも開店祝を貰いました」と入口の胡蝶蘭に案内してくれた。我がクマ家の別荘が湯布院の夢想園近くにあることから話はさらに弾む。

楽しく会話する間に飯が炊きあがった。「如何ですか?」と自信ありげな笑顔が覗き込む。ふっくらツヤツヤ!甘い!美味い!最後のおこげがパリパリしていて実に良い感じ。ちなみに生湯葉の田楽が絶品であった。開店したばかりなのだが結構固定客が付き、地元の顔役も応援してくれているらしい。広報誌にも紹介されたとか。「こだわり」が食の質にも現れていて「おもてなし」に結びついている感じがする。店長に「失礼な言い草ではあるが、このお店は早晩世に出ると思う。東京でお会いできるのを楽しみにしていますよ」と老人の率直な賛辞をのたまわった次第。
店長米職人橋本晃治。今年の古都は紅葉こそイマイチであったが、図らずもこだわりの拾い物をした。次回も又訪れたいと思うぶらり旅であった。                     (Nov.23)
スポンサーサイト


未分類 | 10:07:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。