■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
冴返り
冴返り花もオケラも一休み

春になってなお寒さの戻ることを、俳句季語で「冴返り(さえかえり)」と言う。
今年は暖冬で昨年の豪雪とは逆に雪が少なく、東京なんぞは一回も降らなかった。これは気象台始まって以来の椿事とのこと。
このところ桜の開花宣言が姦しい。気象庁発表18日、民間予報士は19日。官と民で何故一日違うのか・・・などとテレビの話題になる程何とも長閑な国である。一日くらいどうでも良いのに・・・所詮予想では無いか。幾らでも狂いが出るのは当たり前。いっそ予報と現実が何日狂うかと言う予想でも出して、賞金を付ける方がよっぽど興味が湧くと言うものだ。
しかし今日は寒波が戻ってきた。ケンタの夜の散歩時などは、真冬に戻ったかと思うほど身を切るような冷たい風に晒された。啓蟄はとっくに過ぎたが、蟲も今日あたりは外の寒さにもう少しの惰眠を貪りたくなったに違いない。
さなぎは寒い冬を堪えることによって、丈夫な成虫に羽化するそうだ。花木も又同様。冬の寒さの中でじっくりと元気な花芽を育む。暖かすぎて季節はずれに咲く花は、次年度は弱い実しか付けないらしい。そう考えると、冬の厳しい寒さは彼らの種の保存にとっては必要条件なのである。
自然は正直だ。季節が来ると必ずその時の変化を見せてくれる。その生命力の不思議さにしばしば感動を覚える。もし地球温暖化で動植物に季節感が無くなったとしたら・・・・生態系は狂うに違いない。それは人間の罪であり自然の摂理への冒涜である。結果的には人間もまた狂ったものになってしまうに違いない。何故なら人間も又自然の産物に過ぎないからである。
正確に季節を感じ変化を見せる自然、その自然を大切にしたい。それは又人間を愛すること、それ以外の何ものでもない。
tubomi.jpg
新緑と桜の開花時期を目前にして、殊更にその感を強くする今日この頃である。
(Mar.11)

スポンサーサイト


未分類 | 16:34:56 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
わかりました・・・究極・・・人間を愛します♪
でも 人間を撮るよりもジョビコちゃん(ジョウビタキ♀)
ルリコちゃん(ルリビタキ♀)を撮ると嬉しいんです(^^♪
クマゴローさんはデッサンで人間を・・・・頑張れますね~(*^^)v
2007-03-15 木 01:21:08 | URL | メロン  [編集]
メロンさん
それでいいんです!
ジョビコちゃんでもルリコちゃんでも・・・・。
そう言えばそんな名前の子がいたっけ。
2007-03-15 木 18:21:39 | URL | クマゴロー [編集]
私も人間をアイセルようになりたいですね。
最近はそんな気持ちをすっかり忘れてしまいました。
目先のばかりに追われて、心にゆとりがなくなっています。
皆が我儘になっているんですね。

2007-03-16 金 00:20:04 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
いやいやどうして!
hanakoさんの作品を拝見していると、自然と人への愛情に
満ち満ちていることが良く分かりますよ。
愛が無くてはあんな作品は出来ません。
2007-03-16 金 09:26:26 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。