■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
若葉の麦秋
麦秋の古都にあふるる青若葉

麦秋は初夏の季語。国道10号線沿いに黄金色に輝く麦の穂が大きく波を打つ。これが刈り取られた後は直ちに爽やかな青田に変身するのである。鮮やかな若葉の林に囲まれた麦の秋、この対比が何とも面白い。
20070518004941.jpg
ここは豊前の穀倉地帯、福岡県京都郡豊津町。京都郡は「みやこぐん」と読む。何故此処が「みやこ」と言う地名になったのか、寡聞にして知らず。分かっているのは、かつてこの豊津と言う地に豊前の国府があり、聖武天皇の命により豊前国分寺が建立されたと言う史実だけである。筑前から豊前にかけては伝説・史実を含め、日本史上様々な動きの激しいところであった。日本武尊の子仲哀天皇の熊襲討伐の話、その皇后である神功皇后とその子応神天皇による朝鮮新羅攻略の話(日本書紀)、それに纏わる色々、宇佐神宮との関係・・・何しろ一杯ある。
セメントの町、田川郡香春町(かわらまち)と京都郡勝山町を隔てる仲哀(ちゅうあい)峠を穿つ仲哀トンネルを、かつては良く走ったものだ。
それは兎も角、「豊津」と言う町はその名が示すように周防灘の豊かな海の幸と温暖な気候がもたらす穀類の収穫で、昔から餓える事は少なかったのではあるまいか。国の豊かさと力は穀物の収穫量で概ね決まる。そう考えると、豊津が豊前の国府であった事も不思議ではない。
クマゴロー生誕地若松は豊前国の北端である。海の幸は豊富であるが、果たして山の幸は・・・・?
10号線を豊後湯布院に向かって走りながら、様々な思いをめぐらせた初夏の昼下がりであった。 (May.14)
スポンサーサイト


未分類 | 01:06:40 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
クマゴローさんの原点のお話、興味深く読ませていただきました。
素晴らしいところにお生まれですね。
2007-05-19 土 02:35:41 | URL | hanako [編集]
クマゴローの御先祖は、ひょっとしたら仲哀・神功勢に討伐され、豊前の北の端まで
逃げていった熊襲だったかも・・・。
今からhanakoさんに一週間遅れの山中湖に行って来ます。
テニス合宿で、花を愛でる暇は無いかもね。
2007-05-19 土 07:41:35 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。