FC2ブログ
 
■プロフィール

悠山柏州

Author:悠山柏州
姓はクマ名はゴロー、人呼んで悠山クマゴロー

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
別の顔
パソコンの中に生きるは別の顔

先日インターネット記事を見ていたら「メール人格」と言う見出しが目に付いた。
記事の一部にこうあった。
相手の表情などを読み、コミュニケーションの取り方がリアルタイムに変化する会話などと違い、メールというのは相手と直接向き合わないコミュニケーションです。さらに、書いたことを一発送信できてしまうため、負荷が少ない。なので、キャラや感情が露骨に反映されやすい。これが過剰に表れると、リアル人格とのギャップが大きい『メール人格』になると思います
なるほどそう言えばメール文から普段とは全く違った印象を受け、愕然とする経験は多少なりともある。ひょっとしたら、かく言うクマゴローもメール人格なるものを持っていないとは言い切れない、と改めて自分の姿を眺め直したものだ。
20070702075253.jpgスティーブンソンの小説「ジキル博士とハイド氏」は二重人格者を、シドニィ・シェルダン原作「真夜中は別の顔」は男と女の陰謀の世界を描いたものであったが、「メール人格」と言うのは二重人格ではない。どちらかと言えば「真夜中・・・」に近い。そう言えばパソコンにへばりつくのは大抵真夜中だ。
まあ、「別の顔」までは行かないにしても、メール文やそのやり取りの仕方を通して、その人の持つ性格、癖、人格・・・などを理解出来る。普段余り会話することが少ない人の性格を、パソコンメールでしっかり確認することは良くあることだ。その時、ああこんな面も有ったのだと、意外な発見することも又良くあることだ。
人は色んな側面を持っている。会った時の印象、一緒に何かをする時、他人を交えた時・・・その都度別の顔を見るのは当たり前の事。ただ、その反応まで計算して会話とメールを操作できる人は・・・そう言う人はかなり利口か又は相当な知能犯と言えるかも知れない。 
スポンサーサイト


未分類 | 10:50:27 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
メール言うものは難しいですね。
書いた人と、それを読んだ人が全く正反対の内容で
受け取ってしまう事があります。
思うことを文章にすると言うことが、文才のない私には
大変難しいです。
2007-07-02 月 16:42:03 | URL | hanako [編集]
hanakoさん
本当にそうですね。
一度文字にするともう消せない。
顔や表情が無いので、どう言う反応なのかも確かめられないと言う恐さがあります。
これは文才とか言うものとは又別の問題が有りそうですね。
2007-07-02 月 21:30:23 | URL | クマゴロー [編集]
ブログにも人格がありそうですね。
クマゴロー三のブログ人格は高潔でありながら
粋な味わいがありますね。
それにひきかえ小生のブログのなんと軽薄で
野暮なこと。。。。
2007-07-02 月 21:35:21 | URL | 気ままなおじさん [編集]
気ままなおじさん
何とまあ、最大級のコメントですねえ、これは・・・。
「人格高潔」などとはおよそ縁遠いクマゴローです。
おじさんのブログ、とても内容が有り素晴らしいですよ。
いつも新しい発見が出来るのを楽しみにしておるんですがねえ。
何ともアングルの良い写真が、これまた楽しみなんです。
2007-07-02 月 23:08:26 | URL | クマゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。